美容・健康にうれしい栄養たっぷり♡サーモンの栄養素について - MOWI - Japan

美容・健康にうれしい栄養たっぷり♡サーモンの栄養素について

お刺身でもソテーにしても煮付けてもおいしい使い勝手が良いお魚、サーモン。

おいしいからなんとなく食べているけど、カラダには良い魚なの?どんな栄養が含まれているの?と疑問のお声をよく伺います。そこで今回は、サーモンの栄養素についてご紹介。

実は…美容にも健康にもうれしい栄養がたくさん含まれています!

脂が多いから心配?オメガ3系脂肪酸が含まれています!

サーモンのとろっとした脂は魅力的ですが、カラダに良いのかな?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください。ただの脂ではありません。その脂には「オメガ3系脂肪酸」という人間の体内では生成されない栄養素がたっぷり含まれています。

「オメガ3系脂肪酸」といっても聞きなれないなもしれませんが、「DHA・EPA」という栄養素は耳にしたことがあるはず。その「DHA・EPA」などを総称した成分が「オメガ3系脂肪酸」です。

動脈硬化・血栓症の予防、血液サラサラ効果、また脳の情報伝達を発達させる効果など「オメガ3系脂肪酸」にはうれしいメリットがたくさんあります。

ただ料理方法には要注意。熱で酸化しやすい性質があるので、お刺身など生のままでお召し上がりください。さらに生のままだと、健康に良いとされる酵素もしっかり取り込めるので、二重に嬉しいですね。生で食べられるサーモンといえば「アトランティックサーモン」や「トラウトサーモン」がメイン。その点もポイントにサーモンを選んでみてください。

アンチエイジングに効果抜群!アスタキサンチン

基礎化粧品やサプリなどに使われていることでおなじみの「アスタキサンチン」。シミやしわなどの肌トラブルに効果が期待される栄養素です。

さて「アスタキサンチン」は実はサーモンに不可欠な栄養素。元々、サーモンは川を遡上する習性を持っていますが、その際に大量の紫外線にさらされ、体内に活性酸素が発生します。その活性酸素を除去してくれるのが「アスタキサンチン」。サーモンは「アスタキサンチン」のおかげで元気に川を上れるのです。

人間も紫外線にさらされると、お肌のトラブルの原因の1つである活性酸素が発生します。そこで頼れるのが「アスタキサンチン」。紫外線が気になるこれからの季節、サーモンでおいしく「アスタキサンチン」を摂取し、健康なお肌づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

抗酸化作用のある栄養素がもう1つ入っています!その名はビタミンE

「アスタキサンチン」と同じく、抗酸化作用のある栄養素が「ビタミンE」。紫外線により発生する活性酸素を取り除く力があるので、肌トラブル防止に期待できる栄養素。なんとこの「ビタミンE」もサーモンに含まれています。

特にアトランティックサーモンの含有量は100gあたり3.8gと、他のお魚と比較すると多く含まれています。≪さんま(生)1.7g、まあじ(生)0.6g、くろまぐろ(赤身、生)0.8g≫ *「日本食品標準成分表」2015年版<七訂>より。それぞれ100gあたりの含有量。

またアトランティックサーモン100g食べるだけで、厚生労働省が推奨する1日のビタミンE摂取量の半分を摂取することができます!*「日本人の食事摂取基準(2020年版)」より。

おいしくアトランティックサーモンを食べて、ビタミンEをたくさん摂取。カラダの中からキレイになっていきましょう。

 

 

このようにサーモンには健康・美容にうれしい栄養素が含まれています。ぜひとも毎日のお食事にサーモンを取り入れていただき、豊富な栄養素をおいしくゲットしてください。

 

サーモンの栄養価についてご紹介するポスターはこちらからダウンロードいただけます。ぜひご利用ください。