Sustainability - MOWI - Japan

海との調和に向けて

水産養殖によって、健康的で栄養価が高く、経済性に優れた食糧を持続的に生産できる。そう私たちは信じており、その思いを企業理念に掲げています。
私たちの長期的な目標の達成、そして未来の世代のために、環境への配慮は不可欠です。

国連が策定する持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、私たちは環境問題に本業を通じて取り組む戦略を進めています。この戦略では全ての基本原則に対して長期的な目標を設定しています。

国際的な環境課題に対する取り組み

地球の表面の70%は海が占めているにもかかわらず、未だに全世界の食糧供給のうち海由来のものはわずか2%です。

天然水産資源の危機が叫ばれているなか、食を安定的に供給するために水産養殖事業には大きな役割があるでしょう。

水産養殖によって、健康的で栄養価が高く、経済性の良い食糧を持続的に生産できると私たちは信じています。

詳しくはこちら

二酸化炭素排出量

2.9Kg
1400 Litres / Water
5.9Kg
6000 Litres / Water
30Kg
15400 Litres / Water

養殖サーモンは、生産における二酸化炭素排出量が少ないだけでなく、可食割合が高いという特徴があります。(可食割合:サーモン68%、鶏肉46%、豚肉52%、羊38%) 端材をほぼ100%再利用していること、可食割合の高さを考慮すると、私たちはサーモンを余すことなく使用していると言えるでしょう。

新たな取り組みへの支持

環境・社会課題解決に向けて、変革を引き起こします

私たちはより良い水産養殖業に向け、常に研究・開発を続けています。しかし1社だけでは、環境・社会課題を解決することはできません。私たちは、オープンかつ誠実な対話をステークホルダーたちと重ね、環境・社会的に責任ある取り組みを続けていきます。

Related News

7月 10, 2020

当社は100%森林破壊のないサプライチェーンを持つ大豆の調達に取り組んでいます。(本社リリース抄訳)

2021年より、当社が生産する飼料に用いる大豆の調達先を100%森林破壊しない企業とすることを発表します。 当

4月 30, 2020

2019年度統合レポート発行のお知らせ(本社リリース抄訳)

このたび発行しました統合レポートは、当社の事業方針を示すだけでなく、透明性の高い情報開示とすべく2019年度の

4月 15, 2019

Reduce, Reuse, Recycle: Managing plastic

Reduce, Reuse, Recycle: Managing plastic The increasing

サステナビリティについてのポリシー(英文)